このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 学ぶ・楽しむ の中の 青少年向け の中の 子ども会事業 のページです。

本文ここから

子ども会事業

更新日:2016年10月5日

主に小学生を対象とした余暇活動の指導と、地域の青少年団体活動の促進のため実施しています。

青少年委員、青少年スタッフ、地域の方々が中心となって、学校、PTA、町会、育成地区委員会などの協力もいただき、各小学校ごと楽しい子ども会事業を開催しています。

区の現状は、子ども自身が自主的・継続的に活動する組織としての子ども会が少ないので、青少年のグループを組織していく場としての役割を、当事業が担っていければと考えています。

実施方法

区が青少年委員会に事業を委託し、青少年委員が小学校区域ごとに地域の実情にあわせて事業を実施しています。当日の運営や企画・指導などのスタッフとしてジュニアリーダー養成講習会受講生をはじめ、地域活動スタッフや青年リーダーなどの青少年にもお手伝いしてもらっています。子ども会事業は、区内65の小学校区域で行われています。

平成28年度子ども会事業開催予定

子ども会事業開催予定表
事業名 日時 会場 内容 地域活動スタッフ募集
豊南ふれあい広場 11月23日(水曜) 豊玉南小学校 もちつき、手作り&昔あそび、ゲームコーナーなど
学校応援団まつり 11月26日(土曜)
9:30〜13:00
早宮小学校 ビーズストラップ、バトミントン、カレー作り、スタンプラリー
昔遊びの会 1月15日(日曜)
10:00〜12:00
豊玉東小学校 将棋、ベーゴマ、こま、めんこ、あやとり、お手玉など

※子ども会事業の開催予定は随時更新していきます。
※各事業について、詳しくはお問い合わせください。

地域活動スタッフの皆さんへ

地域活動スタッフ募集の欄に「○」がある事業は皆さんにお手伝いしていただける子ども会事業です。お手伝いをしたいものがありましたら開催日の2週間前までに青少年課青少年係(電話:5984-4691)にご連絡ください。

過去の子ども会事業レポート

「中西こどもまつり」

日時:平成23年10月15日(土曜日)午前9時45分〜午後0時30分
場所:中村西小学校
プログラム:大道芸ショー・ジャグリング体験・ゆらゆらゴー・バルーンでゲーム・プラバン・ブーメラン工作・ボディシール・言葉探しなど
参加者:333人

中村西小学校PTAと青少年委員共催の「中西こどもまつり」。朝方降った雨のため、校庭で予定していた親父の会・少年野球のブースでのストラックアウトなどはできませんでしたが、校舎では、プラバン、バルーンアート、工作、ヨーヨー釣りなど、また、体育館ではボディシール、スーパーボールすくいなどを開催することができました。
催しの内容が地図になったスタンプカードを持って、「どこにいく?」とお友達と楽しそうに参加する子どもたちと、各コーナーを担当する保護者の方の元気な声が響いていました。近隣の中村児童館にも協力・参加していただき一層賑やかになりました。
「ジュニアリーダーと遊ぼう」のコーナーでは青年リーダー4人が「ゆらゆらゴー」をしました。順番を待つ子にはお得意のレクリエーションをしていました。大道芸のJOY君はジュニアリーダー・青年リーダーOBです。たくさんの人たちがつながっていることを感じたイベントでした。


ジャグリング体験コーナー


ジュニアリーダーOB、青年リーダーOBによる「大道芸ショー」


「ジュニアリーダーと遊ぼう」コーナー

行事としての子ども会の歴史

(1)区における「夏休み子ども会」のおこり
「夏休み子ども会」は「巡回緑陰子ども会」とも呼ばれていたもので、戦後まもない頃、子ども達を、一時でも楽しく過ごさせたいという目的で、区内を巡回する方法で不特定多数の子ども達を対象におこなった行政サービス事業です。内容は、人形劇、ゲーム、歌唱などであり、地域子ども会役員有志、学校関係者などの協力により実施しました。
(2)青少年委員の協力の開始
昭和31年度からは、青少年委員が協力者として参加を始めました。開催場所も区内数か所となり、昭和32年度からは区広報車「すずしろ号」も巡回に加わりました。
内容も、ものを見せるものから自ら造るものへと移行し、自主性・創造性の育成をめざしました。神社、寺院、広場にて「粘土・工作コーナー」「写生コーナー」「植物採取コーナー」「音楽コーナー」「ゲームコーナー」「読書コーナー」などを開き、希望コーナーに参加、最後に人形劇を見せたりしていました。
(3)「葉かげのつどい」と名称を変える
昭和40年からは「葉かげのつどい」という名称に変わり、青少年委員会の2大事業(成人の日行事と葉かげのつどい)として位置づけられました。
(4)個人活動化
人口増、学校増(緑の広場減少)、青少年委員数の増加、都から区への身分切替えなどの背景下、「葉かげのつどい」も昭和42年頃からは各委員がそれぞれの活動区域内で実施し始めました。地区によっては開催場所や事業内容の関係でブロックで実施するところもありました。
現在では、夏休み期間にかかわらず開催することから「子ども会事業」と称しています。

お問い合わせ

こども家庭部 青少年課 青少年係  組織詳細へ
電話:03-5984-4691(直通)  ファクス:03-5984-1221
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る