このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 区政情報 の中の 広報 の中の お知らせ の中の 区民の皆さまの「ねりまっていいね!」をご紹介 のページです。

本文ここから

区民の皆さまの「ねりまっていいね!」をご紹介

更新日:2014年2月1日

ねりまっていいね!
ねりまっていいね!

 区報や区ホームページなどで、ねりまに対する熱い思いやねりま自慢、練馬区内の好きな場所・景色・イベントなど区民の方が考える「ねりまっていいね!」を募集・取材したところ、多くの方から回答をいただきました。
 その結果、ねりまには多くの魅力があり、どこに魅力を感じるかは世代ごとに特徴がありました。10代・20代の方は「アニメ」、30代・40代の方は「みどり・公園」、50代・60代の方は「文化・学習施設」「地域コミュニティ・人の温かさ」、70代以上の方は「農業・畑」の割合が前年代を合計した割合より高くなりました。また、「都心に近い・交通の便が良い」という項目は各年代とも上位でした。
 ねりまは住み続け、年齢を重ねるごとにさまざまな魅力を感じることができるまちです。その良さを皆様に知っていただくため、今後もねりまの魅力を発掘・発信していきます。
ぜひ、あなたの知っている「ねりまっていいね!」をお知らせください。

各年代の主なご意見をお知らせします

10代・20代は「アニメ」

 練馬区では、アニメ関連の催しや、区とアニメ産業が連携した小中学校での出前授業などを行っており、多くの若者に「アニメのまち練馬区」として浸透しているようです。
・実は、アニメ関連の会社が多いんですよ(中村南在住)
・ねり丸がかわいくて大好きです!(豊玉北在住)
・練馬区がアニメ発祥の地だと、いろんな人に知ってもらいたい!(春日町在住)

30代・40代は「みどり・公園」

 練馬区の緑被率は25%を超え、東京23区で1番です。豊かなみどり・公園は、安心して子どもを遊ばせられる場、休日の安らぎの場として、多くの方に支持されています。
・子どもが走り回れるし、ご近所さんとも会えるのでよく公園を散歩しています(大泉学園町在住)
・みどりの多い公園を犬と散歩するのがお気に入りです(石神井町在住)
・稲荷山憩いの森は木々に囲まれリラックスできるので、家族の好きな場所です(大泉町在住)

50代・60代は「文化・学習施設」「地域コミュニティ・人の温かさ」

 練馬区では、多くの方が身近な場所で余暇を楽しみ、学んでいます。また、人のつながり・温かさを感じています。
・アトリウムミニステージなど身近に楽しめるコンサートがたくさんあります(平和台在住)
・農業体験農園の利用者には家族のようなつながりができます(南大泉在住)
・練馬区立美術館で美術展を見たり、サークル活動をしたりするのが楽しいです(下石神井在住)

70代以上は「農業・畑」

 練馬区の農地面積は東京23区で1番で、市民農園・区民農園など農と触れ合える機会・場所が多くあります。都市農地は、多くの高齢者の生活にうるおいと豊かさをもたらしています。
・市民農園での野菜づくりは体を動かすので、健康づくりに役立ちますよ!(西大泉在住)
・農産物直売所などで新鮮な野菜を手に入れられるのは、ありがたいですね(豊玉北在住)
・大事に育てた野菜を、顔の見える方に買ってもらえるのがうれしいです(中村南在住)

あなたが考えるねりまのいいところを教えてください

 練馬に対する熱い思いや、ねりま自慢、練馬区内の好きな場所・景色・イベントなど、あなたが考えるねりまのいいところを教えてください。
 ご意見は、下のリンクボタンからメールフォームにてお送りください。
 いただいたご意見の一部はこのページの中でお知らせします。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。応募ボタン

お問い合わせ

区長室 広聴広報課 ねりまプロモーション係  組織詳細へ
電話:03-5984-1089(直通)  ファクス:03-3993-1194
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ
  • 暮らしのガイドのお知らせ
  • 施設案内のお知らせ
  • 区政情報のお知らせ
  • 学ぶ・楽しむのお知らせ
  • ねりまの案内のお知らせ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る