このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 暮らしのガイド の中の 税金 の中の 事業者(給与支払者)の方へ の中の 平成28年度(27年分)給与支払報告書の提出について のページです。

本文ここから

平成28年度(27年分)給与支払報告書の提出について

更新日:2016年1月19日

給与支払報告書の提出について

 平成28年度給与支払報告書の提出をお願いいたします。
 事業主は、従業員が平成28年1月1日現在(退職した方は、退職日現在)居住する市区町村の長あてに、従業員の平成27年中の給与所得の金額その他必要な事項を記載した「給与支払報告書」を作成し、1月末日までに提出することが義務づけられています。(地方税法第317条の6)
 なお、給与支払報告書を提出しない場合や、虚偽の記載をした給与支払報告書を提出した場合について、罰則の規定があります。(地方税法第317条の7)

提出期限

平成28年2月1日(月)

・従業員が平成28年1月1日現在居住している市区町村の長あてに提出してください(郵送または持参)。
・提出期限をお守りください。

提出先

練馬区役所 本庁舎4階 税務課

〇郵送で提出する場合の送付先
〒176-8501
練馬区豊玉北6丁目12番1号
練馬区税務課 宛

用紙配布場所

練馬区役所 本庁舎4階 税務課 
※練馬区外の事業所は、所在地の市区町村で用紙の交付を受けてください。

提出していただくもの

1 総括表

(1)2枚1組で個人別明細書に添付して提出してください。
(2)27年度に従業員の住民税を特別徴収(給与差引)して練馬区に納入している事業所においては、11月上旬に「練馬区提出用総括表」を送付しますので、送付された総括表をご使用ください。

給与支払報告書(総括表)

給与支払報告書(総括表)
茶色2枚組

2 個人別明細書

(1)「源泉徴収票」との複写になっています。
(2)従業員1名につき、上から2枚1組を提出してください。

給与支払報告書(個人別明細書)オレンジ色

給与支払報告書(個人別明細書)4枚複写
オレンジ色と緑色の2枚組を区へ提出、
3枚目は税務署提出用、4枚目は従業員交付用の源泉徴収票です。

※支払金額がア・イに該当する方は、こちらの用紙を使用してください。
ア 法人役員で、150万円を超える方
イ 従業員で、500万円を超える方

給与支払報告書(個人別明細書)緑色

給与支払報告書(個人別明細書)3枚複写
緑色2枚組を区へ提出、
3枚目は従業員交付用の源泉徴収票です。

※支払金額がウ・エに該当する方は、こちらの用紙を使用してください。
ウ 法人役員で、150万円以下の方
エ 従業員で、500万円以下の方

給与支払報告書(簡易版)ダウンロード

提出について詳しくはこちらをご覧ください

住民税の電子申告システム「eLTAX(エルタックス)」のご案内

 税務署への源泉徴収票の電子申告が義務付けられた事業主には給与支払報告書も電子申告が義務付られました。

エルタックスの利用方法については、下記のホームページをご覧ください。

住民税は「特別徴収」で納めましょう

 特別徴収とは、事業主が従業員の住民税を毎月の給与から差し引いて納税する制度のことです。

 事業主は、在職中の従業員(パート・アルバイトも含む)の住民税を特別徴収の方法によって徴収し、納税することが義務付けられています(地方税法第321条の3)。

 東京都と都内全62区市町村は、平成29年度から原則、全ての事業主の方を特別徴収義務者に指定しますので、特別徴収未実施の事業主の方は平成28年度中に準備をお願いします。
 詳しくは下記ホームページをご覧ください。
平成29年度から住民税の特別徴収義務者の指定を徹底します!

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

区民部 税務課 区税調整係  組織詳細へ
電話:03-5984-2703
この担当課にメールを送る(新しいウインドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る