このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 暮らしのガイド の中の 高齢者 の中の お知らせ一覧(高齢者) の中の 介護予防・日常生活支援総合事業のご案内 のページです。

本文ここから

介護予防・日常生活支援総合事業のご案内

更新日:2017年3月29日

区では平成27年4月から、介護予防・日常生活支援総合事業をスタートしました。

介護予防・日常生活支援総合事業の概要

介護予防・日常生活支援総合事業の実施により、要支援相当の方からお元気な高齢者まで、介護予防と日常生活の自立を支援します。
総合事業は、「介護予防・生活支援サービス」と、「一般介護予防事業」とで構成され、高齢者のみなさまの介護予防と日常生活の自立を支援することを目的としています。

パンフレット「介護予防・日常生活支援総合事業のご案内」

介護予防・日常生活支援総合事業の仕組みをわかりやすく説明したパンフレット「介護予防・日常生活支援総合事業のご案内」を配布しています。
高齢社会対策課のほか、高齢者相談センター(地域包括支援センター)・同支所などで配布しています。
また、こちらからダウンロードができます。

介護予防・生活支援サービス事業について

総合事業では、これまでの介護予防給付として実施されていた「介護予防訪問介護」と「介護予防通所介護」を「訪問型サービス」「通所型サービス」として、国相当サービスと区独自のサービスを提供しています。

介護事業者向け総合事業の説明資料(平成28年6月更新*介護予防ケアマネジメント体系、練馬区版ケアプラン作成例を追加しました。)は以下のとおりです。

生活援助の振り分けおよび月額包括報酬の日割り請求にかかる適用について資料を追加しました。以下のファイルをご確認ください。

平成29年度、訪問型サービスと通所型サービスのサービスコード表は以下のとおりです。

※介護職員処遇改善加算について新設および変更したサービスコードを追加しております。新規追加した項目は青でセルを塗りつぶし、変更した項目は黄色で塗りつぶしまたは赤字で掲載しております。

29年度練馬区介護予防・日常生活支援総合事業単位数表マスタはこちらです。(平成29年度版平成29年3月29日更新)

平成27年度分終了データおよび平成28年度軽度化加算、自立化加算、1回につきサービスコードの追加、介護職員処遇改善加算追加、変更を含むサービスコード情報全てを単位数表マスタインタフェースCSV.データに掲載しております。

サービス提供事業所一覧は次のとおりです。

平成29年度 介護予防・日常生活支援総合事業の事業所評価加算の算定可能事業所について

平成29年度事業所評価加算が算定可能な指定介護予防・生活支援サービス通所型サービス事業所は以下の一覧表をご確認ください。

区外事業者による訪問型サービス、通所型サービスの提供について

区外の指定介護予防訪問介護事業者、指定介護予防通所介護事業者も練馬区訪問型サービス、通所型サービスを提供できます。その場合は、区への届出が必要となります。
※平成27年4月以前に指定された事業者のうち、区独自基準相当型サービスの提供をされない場合は、平成27年4月1日付けで国基準相当型サービスのみなし指定を受けているため、届出の必要はありません。

事前相談が必ず必要です。総合事業の新規指定申請に関する届出の書類などのお問い合わせ先は下記のとおりです。
 介護保険課事業者係(電話 03-5984-4589)

また、以下のページをご参照ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

高齢施策担当部 高齢社会対策課 総合事業係  組織詳細へ
電話:03-5984-4596(直通)  ファクス:03-5984-1214
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ
  • 暮らしのガイドのお知らせ
  • 施設案内のお知らせ
  • 区政情報のお知らせ
  • 学ぶ・楽しむのお知らせ
  • ねりまの案内のお知らせ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る