このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の ねりまの案内 の中の 伝統が息づくねりま の中の 籐工芸 のページです。

本文ここから

籐工芸

更新日:2010年2月1日

装飾性・強靭性・堅牢性を兼ね備えた逸品・・・藤工芸

藤工芸の写真

 籐工芸の原料となる籐は「ラタン」「シゲトウ」と呼ばれる東南アジア産のものが使われ、粗削りから組み立て、編み作業まで一貫して行う。
 その歴史は中国との交易が始められた室町時代(1300〜1500年代)にさかのぼると言われる。その後、江戸時代(1600年代)に入ると編笠・笛・筆・尺八等の部材として使用され、明治時代以降は椅子・敷物・座布団・枕などの生活用品として普及した。
 昭和61年に東京都伝統工芸品に指定され、今日でも籐の特性である堅牢性・強靭性・装飾性および加工性を生かした製品が広く出まわっている。
 代表的な製品である「籐椅子」の工程は、材料寸法切断--->ため直し--->曲げ--->組立て--->皮籐巻き--->編み--->仕上げとなる。

練馬区伝統工芸会 会員名簿(藤工芸)

会員名簿
氏名 住所
高橋 護 練馬区氷川台

お問い合わせ

産業経済部 経済課 中小企業振興係  組織詳細へ
電話:03-5984-1483(直通)  ファクス:03-5984-1902
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る