このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の ねりまの案内 の中の 伝統が息づくねりま の中の 組紐 のページです。

本文ここから

組紐

糸と糸が織りなす組み目と色のコントラスト

組紐の写真

 組紐の技術は、古くは中国大陸から朝鮮を経て伝えられたものといわれています。
 江戸時代には、武具の需要の高まりとともに生産も盛んになり、その後、明治時代になると羽織ひもや帯締めなどの普及により、手組みによる組紐は高級なものとして重宝されました。
 組紐の美しさは、糸と糸がナナメに交差する組み目と色のコントラストにあり、現在も和装品などのワンポイントのおしゃれとして、多くの人々に愛用されています。

練馬区伝統工芸会 会員名簿(組紐)

会員名簿
氏名 住所
佐々木 良子 練馬区貫井
本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る